スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
放浪開始
2004.5.6
2週間お世話になったThe Bungalowを後にして
Quantock Hillsに向かった

どこでQuantock Hillsなんて場所を確認したのか
手元に残っている資料を見てもただの地名としか載っていないが
この時はとにかく行きたかった
MeikeもIainも
Tauntonという町が近いということしか分からなかった

London Victoria駅からTaunton行きのバスがあるとのことだったが
満席のためBristolで乗り換えて向かう
予定外に時間をかけてTaunton到着
5時か6時だったと思う
さてさて急いでツーリストインフォメーションで宿を見つけてもらわなきゃ…

ツーリストインフォメーションは閉まっていた
営業時間を過ぎていた
インフォメーションだけでなくすべての店が閉まっていた

どうしたらいいんだろう?
こじんまりとした町だから大きなホテルがある感じではない
さっき降りたのもただのバス停で
もう誰もいない
街ゆく人にちかくに宿ありますか?って聞く?
そんな英語力はないし、まずもって人もあんまりいない
警察に訊ねる?
でも警察署はどこ?

途方に暮れるとはこのことを言うんだ
いきなり野宿??

インフォメーションの売り物の地図がガラス越しに見えないかな~
張り紙の隙間から覗こうとして気付いた。
この張り紙は宿の連絡先一覧だ!
電話で話が通じるとはとても思えないが
もう他に手段がない
最初の3件くらいはあっけなく切られたが
だんだん英語に慣れてきた頃
Staplegrove Lodge Bed&breakfastに当たった

Kimは本当に丁寧に電話に応対してくれた
部屋もとても素敵だった
心底ほっとした
めったに宿の写真なんか撮らない私が記録しているStaplegrove2.jpg Staplegrove3.jpg Staplegrove1.jpg



スポンサーサイト
たび | 08:13:20 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。