スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
越冬ニンジン
秋に収穫した大量のニンジン
肥料袋に再び植えられ、我が家の玄関で全く干渉されることなく冬越し(放置ともいう)
080223越冬ニンジン1

今年は寒かった
我が家の玄関も何度か雪が吹き込んだり、しばれて開かなくなったりした
肥料袋もしばれていた

ストーブの前でしばらく解凍してから掘り出す
080223越冬ニンジン2
見た目の状態はまずまず
少しスが入ったものもあるが、収穫したときからそうだったかもしれない
と考えると
たいへんよくできました(^^)

切り干しニンジンにして便利な保存食にします080223越冬ニンジン3

スポンサーサイト
| 17:34:35 | Trackback(0) | Comments(0)
フットパスはいいな
2004.5.23
Bath最終日
○球の歩き方にエイボン川沿いに歩くことがオススメしてあるからだろうか
久しぶりにフットパスを歩いたようだ
040523-1.jpg 040523-2.jpg 040523-3.jpg 040523-4.jpg
地図も手元に残っていない
矢印を頼りに歩いたのだろうか
記憶が定かでないが
小高い丘にたどりつき、そこでお昼にして帰ってきたように思う

木立は白い花が満開
カラマツがほとんどの道内の風景とは違って新鮮

大きな街にもちゃんとフットパスがあって
少し歩けばすぐに田園風景に会うことができる
地元の人もパスを歩くことを楽しんでいて廃れることがない
古くからの伝統を守っている…なんていったら大袈裟だけど
「古くからある良いもの」がみんなの意識に受け継がれている
パスで若者とすれ違うことは少ないけれど
若い夫婦は子供を連れて遊びに来ている
世代を越えて受け継がれていく
古くて良いもの
040523-5.jpg

たび | 17:13:08 | Trackback(0) | Comments(0)
観光
2004.5.22
BathといえばRoman Bathsらしい
ので行ってみた

040522Roman Baths1 040522Roman Baths21右隅に湧き出している
お湯はとてもぬるかった

浴室はたくさんあり、蒸し暑い部屋もあった
今でいう健康ランド(?)みたいなもんかな
当時はとにかくにぎわったらしい
今では日本式大浴場に戸惑う文化の祖先が
混浴で風呂に入るのを娯楽にしていたなんて
昔はどこも同じだったのね

Bath Abbey040522Bath Abbey1 040522Bath Abbey2
Roman Baths Museumの向かい
観光案内所もすぐ近くだったので何回も何回も前を通ったが
1回も入らなかった
有料だったから

このあと、Crescent Gardenに行っている
ちょうど土曜日だった
お遊戯会か何かの発表会をやっていた040522Crescent Garden
後ろの生演奏にあわせて子供たちが踊り
親は芝にお弁当を広げて我が子の姿に手をたたいたり談笑したり
道行く人も私も
一曲終わるまで子供たちの晴れ姿を見ていた
公園で発表会って
いいね




たび | 14:16:26 | Trackback(0) | Comments(0)
バスツアー
2004.5.21
1日バスツアーに参加している
どうやってこのツアーを見つけたのか覚えていないが
改めてパンフレットを見ると
ストーンヘンジやらコッツウォルズの村を回るツアーで
なかなかおもしろそう…という表現は変だが
参加しているときはどこを連れまわされているのか全く分かっていなかった
パンフレットに並ぶ文字も
普通名詞なのか固有名詞(地名)なのかさえ分からず
ツアー名だって今、分かった!

ワゴン車に10人くらい乗って出発
お客さんのほとんどが女の子だったように覚えている
運転手兼ガイドのおじさんが陽気にあれこれ説明してくれるが全く理解していなかったのは前述の通り

ストーンヘンジには入場しない子もいたが
私は訳も分からず入場
どうやらツアー代金に入場料が含まれていないためオプション的存在になっていたらしい
そんなことは全く気にせず、何の疑いもなく入場料を払って見学
せっかく来たんだからね
040521Stonehenge1.jpg
日本語の解説テープを聴きながら一回り
ただっぴろい芝生広場に石のオブジェがぽつんとある
辺りが広すぎて石の大きさが際立たないが
近くで見るとやはりでかい
こんなでっかい石、どうやって乗っけたんだろう…
石以外、当時を物語るものは何もなく
石に近づけないように張り巡らされたロープと
広場の向こうに走っていた高速道路がなんとなく引っかかった

Avebury Stone Circle040521Stonecircle.jpg
こっちは石の近くまで人も羊も行けるし、石群の真ん中を道路が横切っている
石のまわりにはたくさんの羊のフン

次の目的地までの道すがら、何やら説明している
白い馬がなんとやら、といっているが
馬なんかいないよー
昔飼ってたのかな~なんて勝手に想像していたら車が止まった
みんな降りて写真を撮ったりしている
040521White horse これかー!
丘の斜面左端に白い馬が描いてあった
Whiltshire White Horsesというらしい040521White horse2

Lacockの街…かな?040521Lacock1.jpg 040521Lacock2.jpg 040521Lacock3JPG.jpg
Marlboroughかも…

なぜかお墓が気になる040521Castle Combe1 040521Castle Combe2

040521Castle Combe3 040521Castle Combe4 Castle Combeだったんだー
古い家屋が立ち並ぶ集落を自由に散策
みんなばらばらになっちゃって
私は迷子になりそうで不安だったが
いつの間にかまたみんな集まっていてガイドのおじさんも一緒になった

一緒に参加した子たちとおしゃべりをした記憶があまりないため
印象の薄いツアーだったが
今思うととても中味の濃い一日だった



たび | 12:35:23 | Trackback(0) | Comments(0)
Bath
2004.5.19~25 Bath

前日歩いたパスがとても気に入り、しばらく滞在したかったが
宿が取れず、Bathへ向かう

Bathは都会だった
行き交う人も早足だし、ずっと会わなかった日本人ともたくさんすれ違った
観光案内所のおばさんもみんな無愛想
どこに行っても人、人、人で落ち着かなかった

この期間は記録も残していないしパンフレット類も少ししかない
あんまり楽しくなかったのかも…

でも
お店はたくさんあって困らなかった
久しぶりにインターネットにアクセスしたり
大型のスーパーマーケットやドラッグストアで必要物資を調達したり
ウィンドウショッピングしたりした

040521Bath1.jpg滞在したYHAから街へ向かうパスの景色
YHAはデカくてまあまあきれいだったが
ずっと田舎のフレンドリーなところを歩いてきたので
違いにかなり戸惑っていた

たび | 11:12:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。