スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
黒岳石室~桂月岳~北鎮岳~層雲峡
朝、いつもと同じ時間に目覚める
シュラフを頭からすっぽりかぶっていたので
外が明るくなっているのに気付かなかった

テントからの眺め 100916-3.jpg
これを楽しみたくて、この場所に張ったのだっ!

そして、外に出てびっくり
100916-4.jpg 夜、寒かったんだ!
テントに霜がびっちり
これは初めてだーそりゃ夜、ぞくぞくするはずだ
もし、悪天候の中、連山にテント張ってたら、私死んでたかも…
そうか、9月も半ばかー
今年は暖かいって、管理人のお兄さんがしきりに言ってたから
もう夏山に毛が生えたくらいの装備では無理なんだ
一昨日、無理しなくて本当に良かった

桂月岳からご来光、と少しだけ思ったけど
全く間に合わず
でも、だんだん周りの山に光が当たってくるのは
とても神秘的な眺め
100916-1.jpg 100916-13.jpg
100916-2.jpg (桂月岳から石室)
草紅葉には霜が下りていて、初めて見る景色に感動
100916-12.jpg
そういえば、夜に風がなかったかも
単に熟睡しただけかな?
テントが風に揺れることなく朝を迎えたのも初めてかも

朝ごはんの間じゅう、テン場は私一人
みんなテントは張りっぱなし
どこ行っちゃったんだろう?

テントをたたんでお鉢めぐり逆周り出発
今日も本当にお天気がいい
ありがたいな~
こんなにお気楽にテントが張れて絶景を見ることができて
大雪って本当にすばらしい!
っていうか、知床とはやっぱり違うんだな~
こんなリゾート登山を繰り返していても
私の経験値は上がらないわ…

まずは北鎮岳 100916-5.jpg
お鉢を高いところから見下ろす景色
遠くには斜里岳や知床連山も
まだまだ知らない景色がたくさんあるなー

お鉢逆周りも、言うことなし
100916-8.jpg 100916-7.jpg 100916-11.jpg
100916-10.jpg 100916-9.jpg

「山岳パトロール」ののぼりを背負った人たち
ボランティアかと思ったら、胸には「北海道警察」の文字が
失礼しました
中高年の登山客にはあれこれ話しかけて
(話しかけられてたのかな)いたけど
私には一言、「石室まで?」
ポータブルザック一つででかいカメラをぶら下げて
いかにもお気楽山ガールの私
お前、山をなめるんじゃない!って怒られてもよさげな格好だったけど
快晴のお天気に助けられたかな

ヘリコプターが何回も旋回していて、
テレビなら手を振ろうかな~と思ったけど
パトロールのヘリだったらお騒がせになっちゃうかしら

石室まで戻ってくると、すっぽりとガスに囲まれた
お茶を済ませて下山開始
黒岳山頂もほぼガスの中
さっさと足を進めていたら
一瞬だけ斜面が見えた
100916-6.jpg

リフト乗り場で、チケット売り場を探していたら
「下山路」という看板を見つけた
そうだね、リフト分くらいだったら歩いて下りてもいいね

咲き出しのエゾオヤマノリンドウが歓迎してくれている
苔むした石の上を、滑らないように慎重に歩く
足が疲れているし、
10キロオーバーのザックとともにしりもちをついた時の
その尾てい骨の痛さを知っているので
滑って転ぶの厳禁

しかしなかなかリフト終点にたどり着かない
それどころかだんだんリフトの音が遠ざかる
あ!そういえば!
ロープウェイとの乗り換え場所に登山道が合流するかどうか
私、知らない!
もしかしたらこのまま層雲峡まで下りるしかない?
それは困る
そこまで体力もないし
第一、日没に間に合わない
でも、もうここまで来たらどうしようもない
とにかく下りるしかない

普通に考えたら乗り換え場所に行くでしょう、と思ってみたり
下まで降りるなんて、体力もさることながら猶予時間は?と逆算してみたり…
「ロープウェイ→」の看板を見つけたときは
一人で歓声を上げた

ゴンドラはやはり混んでいた
でも、みんな登山の格好をしている
ツアー登山の人、お鉢めぐりで出会ったおじさん4人組…
前回よりはずっと気が楽
おじさんたちは本当に良かったと口々に言っている
そりゃ、今日は最高だったよ
天気を選べるなら、大雪は最高のトレッキングコースだよね

さて、来年は、連山に行けるかな
スポンサーサイト


未分類 | 12:06:48

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。