スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Thrift
2004.5.13
PorlockのB&Bでも山盛りのBritish Breakfastを平らげ
オーナーとしばらくおしゃべりした後出発。

再びビジターセンターに行ってパスを教えてもらう
記憶には無いが
センターのおばさんには随分世話になったようだ

相変わらず濃いガスの中を歩く
キンポウゲ畑 040513-1.jpg

程なく木がほとんど生えていない丘に差し掛かる
見たことのないかわいい花を見つけ、夢中でデジカメを向けた
ピンボケしてるけど…040513-2.jpg
よくみると丘のあちこちで群生している040513-3.jpg
丘の向こうから人が歩いてきているなんて全く気付かなかった
あまりにも夢中であちこちしゃがみ込みながら写真を取っているので
とても不思議そうな声で話しかけてきた
こんなにかわいい花、見たことない
と言うと、続けてあれこれ話してくれるが意味が分からない
きょとんとしていると
ペンと紙を出して
Thrift
と書いてみせてくれた
まだきょとんとしていると、この花の名前だと教えてくれた
そうかーThriftっていうんだー
こんなめずらしい花を知っているなんて
この人はとても植物に詳しい人なんだな~出会えてよかった
素直にそう思ったが
このあとThriftは行く先々でこれでもかというほど姿を見せてくれた

丘をいくつか越えると牧場が広がった040513-9.jpg

パスで見かけた花たち040513-4.jpg 040513-5.jpg 040513-6.jpg 040513-7.jpg 040513-8.jpg 040513-10.jpg 040513-11.jpg 040513-12.jpg
日本で見たことのあるものもないものも
街に近づくと園芸種のような花も道端にたくさん
ライラックとナナカマド040513-13.jpg 040513-14.jpg
植物に国境は関係ない

YHAへ戻る道
気付くと前を外人の女の子が二人歩いている
きっと行き先は同じだろうな~と思っていたら向こうから声をかけてきた
もしかしてPorlockから歩いてきた?
どうしてわかるのー?どこかにそう書いてある??
非常に驚いたがどうやらAndrewが話していたらしい
あーびっくりした

宿に戻るとJohnも待っていてくれた
嬉しいな~
旅に余裕があっていいなぁ


そろそろ自転車に乗りたくなった、とAndrewに言ったら
Bidefordで乗れると教えてくれた
またまたバスの乗り継ぎなどぜーんぶ教えてもらって出発準備完了

WWOOFでお世話になったMike&Iainにはがきを書いた
宿に切手は無く、Andrewにお金を渡して頼もうと思った
いくらかかるか分からないようなことを言っているが良く分からない
イギリスはハガキも距離によって値段が違うのかな~
どこまで冗談なのかも分からないし
最後はとにかく頼むって感じで押し切ってしまった
きっとイヤだったんだろうけど…ゴメンナサイ
スポンサーサイト


たび | 09:39:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。