スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Taff Trail
2004.5.26
同宿だった女の子に乗せてもらってCastell Cochへ

040526-1.jpg
建物の中では案内係が待機していて
展示物などを丁寧に説明してくれる

ついこの間まで使っていたかのようにきれいに保存されている
画像が残っていないので
写真撮影はダメだったのかも…いや、メモリがいっぱいになってしまったよう

見学を終えて女の子は次の目的地へ
私はCardiffまで歩いて戻る

お城を出たあと早速方向を間違えてしばらく山の中をさまよったが
なんとかTaff Trailを見つける

Taff川沿いに歩く
緑が気持ちよく、対岸を貨物列車が走っていく
平和な時間

学校のグランドが見えた
生徒たちがラグビーをしている

市街地に入っても川沿いは緑豊かな公園

晩ご飯は何か目的を持って食べに出かけた
しかしまたもや道に迷って、結局お店へはたどり着けなかった
ショックに打ちひしがれ、やっと見つけたスーパーで
レンジでチンする中華料理らしきパッケージを購入
見た目一番おいしそうなものを選んだ

けど、やっぱりまずかった…
いや、口に合わなかった
何が合わないんだろう?香辛料かな~?
私って何でもおいしく食べられると思っていたけど、時々びっくりするものに当たる

たび | 19:12:12 | Trackback(0) | Comments(0)
いざWalesへ
2004.5.25
Bath→Bristol→Cardiffへ移動

Cardiffも都会だった
Walesの首都なのだから当たり前なのだけれど
街は明るくて近代的だったように覚えている
観光案内所は資料が充実していて係の人も親切

路線バスに乗ったはいいが
運転手はどこにYHAがあるか分からないと言う
案内所で一応道順は聞いていたので大丈夫かと思っていたが
やはり途中でわからなくなってしまった!
挙動不審なくらいキョロキョロしていたら
後ろに乗っていた夫婦がYHAに行くのかと聞いてきた
そんなに分かりやすかったのかな~

都会なのに通りがかりの人も居合わせた人もとってもフレンドリー
このあと1ヶ月弱Walesを旅しているがどこにいっても居心地が良かった
思えばWalesで出会った日本人は
こっちに嫁に来たという女性だけだったかも
日本人がめずらしくてみんな良くしてくれたのかな

行き当たりばったりの
Walesの旅が始まる

たび | 11:37:43 | Trackback(0) | Comments(0)
素敵なレディ
2004.5.24
4泊世話になったBath YHAを後にする

観光案内所で今日の宿を探してもらうがどこもいっぱいだと言う
どうも係員のやる気がない
今思うと、Bath以外の町の宿を探すのだから当たり前だったのかも
それまではもっとフレンドリーな案内所ばかりだったので
当たり前のように次の土地の宿を探してもらっていた
いやはや

結局YHAに連泊することにした
もうBathでやることもないのでインターネットカフェへ
備え付けのPCも日本語に対応しているとのことだったのでアクセスしてみるが
うまくいかない
黒人のにーちゃんがあれこれやってくれるが
結局対応しているのとそうでないのがあるとの結論に達した
日本語対応マシーンは他の人が使っているので
しばらくにーちゃんと雑談
私がphysiotherapistだと言うと
自分は足首を骨折してからうまく歩けないんだとのたまう
でも、してあげられることは限られる
力になれなくてごめんね

大きな荷物を担いだまま人ごみの中を歩くのは限界がある
早めにYHAに戻ると、昨日までとは違う部屋があたった(当たり前だが)
同室者の気配がないため大胆に荷物を広げ始めたら
向かいのベッドのカーテンが開いた
ありゃー先客がいた
これは失礼した

おばあさんは眠っていたらしい
私が物音を立てたことを詫びると、しばらく休んだからもう大丈夫という
昨日のうちにBathに到着する予定だったが
いつまでたっても市街地に着かないし疲れたし日も傾いてくるしで
結局昨夜はそこら辺の原っぱにテントを張って寝た、
今日の午前中にやっとここに着き
部屋の掃除がまだだと言われたが
気にしないからベッドに寝かせてくれと頼んで眠っていたんだとか

おばあさんはドイツ人
自転車でcoast to coastを走破する途中だと言う
グレートブリテン島の一番横幅のあるところを横断するcoast to coast
歩いたり自転車で全ルートを制覇するのはちょっとした憧れらしい
ガーデナーとして働いているときから世界中を訪れていて
引退した今も現役時代に果たせなかった旅の続きを実現しているんだとか
モンゴルを旅したときの写真を持っていて
私にあれこれ説明しながら好きな写真を持っていっていいという
牛の写真ともう一枚いただいたはずなのだが…
選んだ写真の裏にメッセージが書いてある大事な思い出の品
旅の資料がすべて整理されたら出てくるでしょう…おばあさんごめんなさい

ずっと独身でやりたいことをやってきた
ガーデナーといってもブルドーザーを操って男の人たちと一緒に働いてきた
そんな人生は憧れる、素敵だ、と私が言うと
「でも寂しいよ」とポツリ
結婚はした方がいいと言う
みんなそう言うんだよな~すごく素敵な人生なのに
今は意味が分かる…かな(笑)

翌朝、おばあさんはとてもコンパクトな荷物を持って早くに出発していった

たび | 15:23:13 | Trackback(0) | Comments(0)
フットパスはいいな
2004.5.23
Bath最終日
○球の歩き方にエイボン川沿いに歩くことがオススメしてあるからだろうか
久しぶりにフットパスを歩いたようだ
040523-1.jpg 040523-2.jpg 040523-3.jpg 040523-4.jpg
地図も手元に残っていない
矢印を頼りに歩いたのだろうか
記憶が定かでないが
小高い丘にたどりつき、そこでお昼にして帰ってきたように思う

木立は白い花が満開
カラマツがほとんどの道内の風景とは違って新鮮

大きな街にもちゃんとフットパスがあって
少し歩けばすぐに田園風景に会うことができる
地元の人もパスを歩くことを楽しんでいて廃れることがない
古くからの伝統を守っている…なんていったら大袈裟だけど
「古くからある良いもの」がみんなの意識に受け継がれている
パスで若者とすれ違うことは少ないけれど
若い夫婦は子供を連れて遊びに来ている
世代を越えて受け継がれていく
古くて良いもの
040523-5.jpg

たび | 17:13:08 | Trackback(0) | Comments(0)
観光
2004.5.22
BathといえばRoman Bathsらしい
ので行ってみた

040522Roman Baths1 040522Roman Baths21右隅に湧き出している
お湯はとてもぬるかった

浴室はたくさんあり、蒸し暑い部屋もあった
今でいう健康ランド(?)みたいなもんかな
当時はとにかくにぎわったらしい
今では日本式大浴場に戸惑う文化の祖先が
混浴で風呂に入るのを娯楽にしていたなんて
昔はどこも同じだったのね

Bath Abbey040522Bath Abbey1 040522Bath Abbey2
Roman Baths Museumの向かい
観光案内所もすぐ近くだったので何回も何回も前を通ったが
1回も入らなかった
有料だったから

このあと、Crescent Gardenに行っている
ちょうど土曜日だった
お遊戯会か何かの発表会をやっていた040522Crescent Garden
後ろの生演奏にあわせて子供たちが踊り
親は芝にお弁当を広げて我が子の姿に手をたたいたり談笑したり
道行く人も私も
一曲終わるまで子供たちの晴れ姿を見ていた
公園で発表会って
いいね




たび | 14:16:26 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。